- 言葉で人と企業を結ぶ -

クターの仕事をサポートするスペシャリスト★
クターズクラーク

ドクターズクラークとは医師事務作業補助者のこと。

 

これまで医師が行っていた診断書などの

文書作成や処方せんの作成、検査の予約などの

事務的な業務を医師の指示のもとで代行します。

 

そのことにより、医師は負担が軽くなり患者さんと

接する時間をより長くもてるようになりました。

 

ドクターズクラークは医療現場の質の向上にも

貢献でき、今、もっとも注目されている仕事なのです。

 

医師事務作業補助者の呼称は、病院によって様々で、

ドクターズクラークの他、医療秘書や医療クラーク、

メディカルアシスタントなどと呼ぶところもあります。

 

この仕事に必要とされるのは、教育背景や経験よりも、

医師や看護師、薬剤師などの医療スタッフの経験

だけでなく、事務職員などとも上手く関係を築くことが

できる「コミュニケーション力」といわれています。


んな仕事をしているの?

業務内容は診療報酬の施設基準によって定められ、

下記に示した通り、大きく4つに分けられます。

 

①医療文書の作成代行

診断書や診療情報提供書(紹介状)などの作成代行

 

②診療記録への代行入力

医師の外来診察などに同席して、

電子カルテなどへの 代行入力

 

③医療の質の向上に資する事務作業

カンファレンスの準備、がん登録や外科手術の

症例登録「National Clinical Database(NCD)」

なども手広く行います。

 

④行政への対応

厚生労働省などに報告する診療データの整理

などが含まれます。

 

このように、ドクターズクラークの業務は多岐にわたり、

実際の業務は勤務する病院によっても変わります。

 

 

また診療報酬上、行うことができない業務についても

明記されています。

 

①医師以外の指示の下に行う業務

②診療報酬の請求事務

③窓口や受付業務

④経営・運営のためのデータ収集業務

⑤看護業務の補助

⑥物品運搬業務

 

上記の業務はできないことになってはいますが、

実際は、看護師の人手不足からか、

看護補助などを指示されることもあるようです。


の資格があれば有利なの?

この業務に就くための必須資格はありません。

しかし、高度な専門知識が求められ、即戦力となれることを

アピールできる資格があると就活に有利なことは間違いありません。

 

ドクターズクラークの資格は国家資格ではなく、

各民間機関が認定する民間資格になります。

 

いくつかピックアップしてみましたので、ご参考に。

 

●医師事務作業補助技能認定試験

一般財団法人日本医療教育財団が行う技能審査認定試験。

医師事務作業補助業務を行う上で必要な知識や技能の評価と

認定を目的としています。

 

●医療秘書技能検定試験

一般財団法人医療秘書教育全国協議会が行う技能検定試験。

医療秘書としての専門的知識と技能を認定する試験です。

 

●医師事務作業補助者実務能力認定試験

全国医療福祉教育協会が行う認定試験。

医師事務作業補助者に必要な知識や文書作成能力を評価する

ことを目的としています。

 

●医師事務作業補助業務実務能力認定試験

特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が行う認定試験。

医師事務作業補助業務を行う能力を有することを証明する資格です。

 

いかがでしたか?

医師をサポートするヤリガイがあるこの仕事に

あなたもチャレンジしてみませんか!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


ドクターズクラークサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ