- 言葉で人と企業を結ぶ -

代に無くてはならない「電気制御設計」の仕事!
電気制御設計”あなたはご存知ですか?

「電気制御設計?・?・?…」

こんな方もいらっしゃると思います。

実は私も良くわからないので、いろいろと調べてみたので

今回は、その結果をご紹介したいと思います。

 

ますは、言葉の意味を調べてみました。

●電気とは、俗に電灯・電力のこと。

●制御とは、機械・装置などを望むとおりの運転状態

にすること。

●設計とは、工事や機器などの製作の計画を図面や

計算書などで 具体化すること。

とありました。

 

そして、制御盤とは、機械や生産ラインを制御・操作

するための各種電気機器を納めた箱のこと。

 

一般的に制御盤の前面にはメーターやスイッチ、

タッチパネルが取り付けられていて、

機械や生産ラインの動きをボタン操作でき、

制御盤の中には、各種制御機器が納められています。

 

もっと簡単に言うと、

制御盤とは、機械を思った通りに動かすための箱。

 

そして、大きく“動力回路”と“制御回路”の

2つに分類されます。

 

まず、動力回路とは制御盤のマグネットスイッチや

インバーターなどを介して機械の各動力部に電気を

供給して動かす為の回路。

 

そして制御回路は、さまざまな入力信号を受け取り、

制御回路を介して動力回路のマグネットスイッチや

インバーターを意図したタイミングで動かす為の

回路です。

 

<制御盤の役割>

■様々な入力信号

■制御回路で処理

■制御回路が動力回路を動かす

■その結果、意図した通りに機械が動く

 

こんなイメージを持っていただくと

わかり易いのではないでしょうか?


んな資格が必要なの?

では、電気制御設計の仕事をするにあたり、

必要な資格はあるのでしょうか?

 

実は、特に資格はいりません。

経験と実力があればOKです。

 

しかし、制御盤の改造が日常的にあるので

電気の知識が必要になります。

その為、電気工事士の資格を取っておくと

良いでしょう。

 

この他に、どんな資格を持っていたら、

仕事に活かせるのでしょうか?

 

この仕事をはじめて最初の1年に勉強するものとして

お勧めしたいのは、基本情報情報処理と電験3種。

 

また、技能検定は工場で製作に携わる人が取る資格

なので、設計者に求められる資格とは異なりますが、

現場を知らなければ適切な設計はできないので

取っておいて無駄にはなりません。


技能検定」について詳しく知ろう

技能検定は「働く人々の有する技能を一定の基準

により検定し、国として証明する国家検定制度」です。

 

技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、

働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として

職業能力開発促進法に基づき実施。

 

受検申請書の受付、試験実施等の業務は、

各都道府県職業能力開発協会が行っています。

 

技能検定には、現在、特級、1級、2級、3級に区分する

ものと、単一等級として等級を区分しないものがあり、

それぞれの試験の程度は次のとおりです。

 

●特級

管理者または監督者が通常有すべき技能の程度

 

●1級及び単一等級

上級技能者が通常有すべき技能の程度

 

●2級

中級技能者が通常有すべき技能の程度

 

●3級

初級技能者が通常有すべき技能の程度

 

特級、1級、単一等級技能検定の合格者には、

厚生労働大臣名、また、2級、3級技能検定の

合格者には、都道府県知事の合格証書が交付され

技能士と称することができます。

 

合格者には、他の国家試験の受験や資格取得に

際して特典が認められる場合があります。

 

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい↓

http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html#Anchor1

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


電気制御設計サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ