- 言葉で人と企業を結ぶ -

たちの生活に欠かせない「電気」に携わるオシゴト
気工事の仕事がしたいなら!

電気工事には、一般家庭のエアコンの取り付け工事から、

大規模な工場の配線工事まで数多くの種類があります。

 

最近では、やる気があれば未経験でも採用してくれ、

仕事をしながら電気工事試験も支援してくれる会社もあります。

これが求人原稿を見ているとよくある「資格取得支援制度」。

 

これなら、見習いとして先輩のサポートをしながら

さまざまな現場を経験し、必要とする資格を取得できます。

受験に必要な費用も全額、もしくは一部負担してくれる場合も

あるので、積極的にチャレンジしましょう。

 

では、どんなものあるのか代表的な資格を2つをご紹介します。


気工事士の資格を取ろう

【電気工事士】

第1種、第2種と2つの資格があり、それぞれ工事を行う場所や

扱える設備などの範囲によって分けられています。

 

■第1種

第2種の範囲と最大電力500kW未満の工場やビルなどの工事に

従事できます。

■第2種

一般住宅や店舗など、600V以下で受電する設備の工事に従事

できます。

 

電気工事士試験には受験資格の制限がありません。

ただし、第1種電気工事士の資格を取得するには、実務経験が

必須となり、実務経験を積んでいる人のみしか免状を発行する

ことができないので注意しましょう。

まずは、第2種電気工事士を取得して実務経験を積んでから

第1種の資格取得に挑戦することをお勧めします。


気主任技術者なら再就職の道も明るい

【電気主任技術者】

電気主任技術者は、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備

や配線など、電気設備の保安監督を行う仕事に従事することが

できる資格です。

第1種~第3種まであり、電気技術者試験センターで試験を受ける

ことで取得が可能。

 

■第1種

全ての事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安監督が

行えます。

■第2種

電圧17万V未満の事業用電気工作物の工事、維持及び運用の

保安監督が行えます。

■第3種

電圧5万V未満の事業用電気工作物(出力5千kW以上の発電所を除く)

の工事、維持及び運用の保安監督が行えます。

 

一次試験は、理論、電力、機械、法規の4科目があります。

科目別合格制なので有効期限の3年間を使って勉強する方もいます。

二次試験は、電力・管理と機械・制御の2科目あります。

科目別合格制度はありませんが、一次試験合格年度に不合格でも

翌年度は一次試験が免除されます。

一定の実務経験を積んだ後、独立開業することもできますし、

資格を持っていれば70歳でもビル管理などの仕事に再就職が可能

だと言われています。

 

 

どちらの資格も従事できる規模が違ってきます。

大きな仕事がしたいなら、上位の資格取得を目指しましょう。

 

関連キーワードはこちら


電気工事スタッフサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ