- 言葉で人と企業を結ぶ -

経験者も歓迎! でも準備は忘れずに
経験から踏み出しましょう!

「未経験でもOKです!」

 

このような求人情報がならぶデータ入力のお仕事ですが

じつは事務の実務経験は求められたり、

パソコンのスキルが必須になっていたりする場合があります。

前もってよく確認しておきましょう。

 

仕事内容はおもにパソコンで文章やデータを入力していくことですが、

データチェックなどほかの業務を行うこともあります。

 

おなじ作業が続くので、肩こり、頭痛、目の疲れがでたり

緊張感が続いたりするなど忍耐も必要ですが、

オフィスワークの経験ができることや比較的時給が良いことがメリットです。

 

あつかうソフトはWord、Excelなどが中心です。

資格は必須ではありませんが、正確性とタイピングのスピードが求められます。

 

この仕事が向いている人はこつこつと細かい作業が苦にならない人、

物事をすばやくこなせる人などです。

 

さらにパソコンのスキル以外にも

文章作成の一般常識・教養、語学の知識などがあればなおよいでしょう。

実務経験を積み専門知識も活かし、貿易事務や英文事務などのような

より高度な事務職へキャリアアップする道もあります

 

同じ作業をたんたんとこなしたい人。

未経験から経験を積んでキャリアを築いていきたい人など、

それぞれのスタイルや目標にあわせて“データ入力の仕事”に挑んでみましょう。

 


い人でもパソコンに強いとはかぎりません

 

最近ではネットをするのはスマホで、

ほかにもパソコンで行っていたことができるようになりましたね。

メモや家計簿なども便利なアプリを利用して、

慣れているのはキーボードでのタイピングではなく

フリック入力という人も少なくないかもしれません。

 

じつは“パソコンに慣れていない若者”が増えています。

新卒社員の研修を行ったある会社では、

“Wordの立ち上げ方がわからない”という出来事もあったようです。

 

仕事には求められるスキルの種類や幅がさまざまとはいえ、パソコンのスキルが必須です。

このような時代だからこそOfficeソフト関連の資格を取りましょう!

 

資格は目的ではありませんが、自分のスキル確認や学習、

パソコンの操作がしっかりできることのアピールとして利用できます。

 

代表的な資格としてMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)があります。

難易度別に、基本操作のスペシャリストと高度な操作のエキスパートにわかれますが、

はじめはスペシャリストの知識でじゅうぶんです。

 

「みんな取っている資格なんて、ただの飾りでしょ?」と思うかもしれませんが、

ある実験ではパソコンの得意・不得意について

自己評価の高い人ほどMOSの試験に落ちやすい傾向がみられたそうです。

「私はパソコンが得意です」なんて“思いこみ”をしないためにも強くおすすめします。

 

募集広告に“未経験OK!研修制度充実!”と書いてあったとしても

基本的な知識・スキルは身につけておいて損はありませんよ?


事に効率アップは必須です

Excelには“関数”機能があります。

学生時代の数学を思い出すようで、アレルギー反応が出そうですね。

 

しかしExcelでのデータ入力でひとつひとつ入力していくのは非効率です。

関数は上手に使いこなせればスピードアップや入力ミスを減らせるなど

とても便利な機能です。

 

難解なものまでをすらすら使える必要はないので、

基礎的なものをしっかり覚えればまったく問題ありません。

 

代表的な関数をあげていきます。

 

◇SUM

もっとも基本的なものですね。

「?」な人は参考書を今すぐ開いてください。

 

◇PHONETIC

フリガナや郵便番号の自動表示ができます。

Excelで直接入力した漢字に含まれているフリガナ情報などを表示、利用します。

 

◇VLOOKUP

高機能な検索機能です。

かんたんな利用方法としては、携帯電話の着信画面のような動作が可能です。

電話帳に登録してあれば着信番号から自動で検索されて名前が表示されますよね?

たとえば、データ入力でも商品コードを入力すれば

商品名などが自動で表示され、直接入力していく手間が省けます。

 

Excelの関数は450を超えますが、

30ほど覚えて組み合わせるなどの応用できれば十分と言われます。

すこし難しいところもありますがぜひ勉強してみましょう。

 

どのような仕事でも効率は求められます。

データ入力のお仕事ではとくに正確性とスピードの両立が必要ですから

利用できるもの工夫できることを必ずおさえてください。

 

忘れてしまうところでしたが、

入力そのもののスピードを上げるための“ブラインドタッチ”もできるように。

方法はいろいろありますが基本的には練習あるのみです。

 

健闘を祈ります!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


データ入力の仕事サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ