- 言葉で人と企業を結ぶ -

リーンエネルギーの今後
リーンエネルギーの種類を知ってますか?

地球温暖化、大気汚染と原子力発電問題で最近では人類の住む地球が破壊されつつあります。
このような環境問題で最近注目を浴びているのが、クリーンエネルギーという働きです。

 
クリーンエネルギーとは一体どのようなことなのでしょう。
私たちの生活にどんな影響を及ぼしているのでしょうか。
クリーンエネルギーは、電気や熱などに変えても二酸化炭素や窒素などの有害物質を出さないエネルギーのことを言います。

 
分かりやすく言うと、自然エネルギーであることです。
原子力発電の問題から、世界の各国が注目をしているのが、
太陽光発電、水力発電、風力発電、地熱発電などがあります。
原子力発電の他に注目されつつあるのが、太陽光発電や風力発電といったような発電には他にはグリーンエネルギーとも言われています。

 
では、クリーンエネルギーとはどんなイメージがありますか?
その言葉の通りにクリーンとはきれいなエネルギーという。
または、自然エネルギーや再生可能エネルギーなどといった同じような言葉で使われてます。
ここ最近ではバイオエネルギーと言った言葉を耳にすることが多くなりましたよね。
これは自然エネルギーの自然の力でエネルギーを発していることを言います。

 
太陽光、風力、水力、バイオマスといったエネルギーのことを自然エネルギーともいいます。
バイオエタノールの基であるトウモロコシなどの植物からの栽培も再生が可能なので再生可能エネルギーとも言われています。
クリーンエネルギーは一体地球環境の中で何に対してクリーン=きれいなのかと思いますでしょうか。
もちろん環境を破壊しないことがクリーンであることですよね。
ここ最近、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出が問題だといわれています。

 
クリーンエネルギーとは、二酸化炭素を排出しても環境に問題にならない程度のことをクリーンエネルギーといわれてます。
ただ、クリーンエネルギーの中で問題視されているのが原子力発電であります。
クリーンエネルギーは、公害や工業化が進む中で汚染を懸念する上から生まれた言葉でもあります。

 
原子力発電の核エネルギーが果たしてクリーンエネルギーに入るか否かは問題とされています。
もちろん、地球温暖化で一番の問題の二酸化炭素排出を懸念してでの原子力発電には二酸化炭素排出がないことでは、
原子力発電は最も有効な発電エネルギーとも言われています。
しかし、原子力発電での事故が発生した場合、放射能汚染や使用済み燃料の処理について問題提起されていることも現実であります。
ここに来て、二極端に分かれる意見が反発しております。

 

地球温暖化には二酸化炭素を排出しない原子力発電を有効利用できると評する人もいますが、
ここに来て果たして原子力発電がクリーンエネルギーだと言えないことも現実になってきました。
この日本でしようされている電力の6割は石油や石炭など化石燃料を使用した火力発電がもっとも使用されています。
しかし、この化石燃料に頼っているおとで、燃料を燃焼させた時に発生する二酸化炭素が
温暖化につながることも原因になっています。
もつ一つの問題は、燃料となる化石燃料の殆どが日本国内では補うことが出来ずに諸外国からの
輸入に頼りきっていることなのであります。
もっとも、クリーンエネルギーの良い点は、
風力、太陽光、水力、地熱、バイオマスなどと言った自然のエネルギーを利用し、
また再利用でき、またこのエネルギーが国内で発電できるという利点もあるのです。
この様に、クリーンエネルギーの種類にはさまざまな有効利用のある利点があることです。


クリーンエネルギーサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ