- 言葉で人と企業を結ぶ -

婚式をプロデュースするプロッフェッショナル
ライダルコーディネーターを知ろう

お客様が理想とする結婚式を総合的にコーディネート。

 

式場の確保や結婚衣装の手配、披露宴の演出、引出物の選定や

ハネムーン先の相談・予約など、結婚式・披露宴に関わる全てを

お客様の要望を叶えながら手配していくお仕事です。

 

フリーランスのプランナーに相談すれば、式場付きのプランナーでは

実現の難しい挙式プランも可能になり、最近ではホテルや結婚式場

で行うだけではなく、レストランや料亭、海外挙式、大自然の中など、

結婚パーティの形態も多種多様化しています。

 

ちなみに、ブライダルコーディネーターの他に、ウエディングプランナー、

ブライダルアドバイザーなどとも呼ばれますが、仕事内容は同様。

 

ブライダルコーディネーターとして働く際に必要な資格や学歴は特に

ありませんし、専門学校やスクールに必ず通わなくてはならないという

訳でもありません。

しかし、大学や専門学校などで、専門知識を勉強している方が就職に

有利に働くこともあります。

 


ライダルコーディネーターの仕事とは

仕事内容は、大きく下記の3つに分けられます。

 

①≪提案・営業≫

結婚式場の見学に訪れた方にヒアリングを行い、会場を案内

しながら、どのような式を挙げることができるのかを提案します。

いくつもの式場を回って比較検討する方が多いので、自社を

選んでもらえるよう、魅力的なプランでしっかりアピールする

ことが重要。それと同時にお客様が描く結婚式のイメージも

掴んでおきます。

 

②≪事前準備≫

お客様の要望を聞きながら、日程や予算、式の進行、料理、

ドレス、BGM、式場のレイアウトなどを決めていきます。

話を詰めていくうちに、お客様の要望にも変化が出てくるので、

式の3~4ヶ月前ぐらいから頻繁に打合せを行い、希望通りの式に

なるよう進めます。

また、結婚式の写真を事前に撮る場合や、招待状や引き出物の

選び方など、打ち合わせ以外のことも細かに対応していきます。

 

③≪結婚式当日≫

ブライダルコーディネーターにとって一番の大仕事は結婚式当日。

まずは、新郎新婦とご両親にお祝いのご挨拶をすることから始め、

時間通りに式を始められるよう会場全体に気を配りながら、

それぞれのスタッフを動かしていきます。

式本番では、どのようなトラブルが起きてもスグに対応できるよう、

会場の脇で進行をチェックしながら立ち会います。

無事終わった後も休む暇なく後片付けの段取りを指示し、

また次のお客様との打ち合わせ準備に入ります。


気の秘密はどこにあるのか

長い準備期間を経て、無事に結婚式と披露宴が終わり、新郎新婦や

ご家族の方から頂く「ありがとう!」の言葉がブライダルコーディネーター

にとって達成感を得られる瞬間。

とてもプレッシャーの大きな仕事ですが、「新郎新婦を幸せにする」

という魅力にあふれ、人気が高い仕事の一つです。

 

形のないサービスをゼロから創っていく仕事なので苦労も多い分

ヤリガイを感じて働いている人がほとんど。

「お客様を喜ばせたい!」

「感動していただきたい!」

といったホスピタリティーを持ち続けることができれば、

長く活躍していけるでしょう。

 

 

関連キーワードはこちら

 


ブライダルコーディネーターサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ