- 言葉で人と企業を結ぶ -

性にとっての永遠のテーマ
性の美と健康は女性ホルモンに守られている

メタボリックシンドローム、生活習慣病、アンチエイジングなど

日々の生活の中で健康に関する情報は溢れ、私たちの生活に密着し変化しつづけています。

 

近年は女性の社会進出が急速に進み、女性が抱えるストレスが美と健康を損なうと警鐘され、

様々な分野での取り組みや措置、個人レベルにおいても非常に多くの関心がもたれています。

 

「美と健康」に関しての情報も限りなく膨大であるため、

正しい知識と情報を持ち、自分にあった健康な体づくりを実践できることが何より大切だと思います。

 

とりわけ女性にとっての永遠のテーマである「美と健康」は、

心と体の健康があって初めて成り立つものだと考え、

身体の内側と外側の両面からの真の意味で美しく健康に生きるためには、

健康・美・食・心を総合的に捉えていくことが必要だと思います。

 

 


と健康にかかせない女性ホルモンを増やす食べ物

そこで今回は女性ホルモンに触れてみたいと思います。

 

ホルモンはおおよそ100種類以上あると言われていますが、

女性ホルモンもそのひとつです。

 

女性ホルモンが健康や美容に関わる重要な働きを担っており

そのバランスを整えることが必要だということは多くの人が理解されていると思います。

 

そもそもホルモンとは、体の中の器官で合成・分泌される「生理活性物質」のことで、

血液などを通じて体内を循環し、生命維持や精神状態の安定などにも関わるものです。

 

また体の機能を正常に働かせるための「情報」を持っていて、

細胞に情報を伝えるメッセンジャーの役割も担っています。

 

ホルモンを活性化し、増やす方法のひとつが一番身近な食事です。

そこで今回は女性ホルモンと深い関わりのある食べ物を紹介します。

 

①大豆食品

イソフラボンという成分が含まれており、

この成分は女性ホルモン「エストロゲン」とよく似た働きをします。

1日の摂取量目安は約70mg前後が目安。

 

②鶏肉

低カロリーで良質なタンパク質を含んでいるだけでなく、

ビタミンAやコラーゲンも含有しているので、

美肌作用も期待できる、女性にとって嬉しい食べ物といえます。

③煎茶

女性ホルモンを作る卵巣を元気にするビタミンEを多く含んでいます。

抗酸化作用の強いカテキンも豊富なので、

肌や髪、血管などのアンチエイジングに役立ちます。

 

④ピスタチオ

ナッツの女王とも呼ばれるピスタチオ。

女性ホルモンのバランスを整える作用があると言われ、

月経前症候群の予防に役立つと考えられている。

それ以外にも、皮膚や粘膜の健康を保つ働きがあり美肌作用も見込めます。

 

⑤にんにく

にんにくに含まれるビタミンB1とアリシンからできるアリチアミンという成分は、

ストレスを軽減させる作用があるといわれます。

脳下垂体(女性ホルモンの分泌を指示する脳内の場所)を正常に働かせて、

女性ホルモンのバランスを整えます。

 

⑥ヨーグルト

乳酸菌が豊富なヨーグルトを摂れば、腸内細菌のバランスがよくなり、

セロトニンの分泌量の増加が期待できます。

「セロトニン」は、女性ホルモンの分泌と連動しているとされ、

セロトニンの分泌が増えれば女性ホルモンも増える。

 

⑦卵

良質なコレステロールを含む卵。」

女性ホルモンの材料になるため、ぜひ毎日摂るようにしましょう。

卵は“完全食”とも呼ばれ、

ビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含む素晴らしい食べ物です。

 

⑧キャベツ

キャベツにはボロンという成分が多く含まれており、

女性ホルモンを活性化すると言われています。

 

⑨切干大根

鉄分が多く含まれ、不足すると黄体ホルモン「プロゲステロン」の分泌が悪くなり、

不妊の原因のひとつになるといわれます。

女性ホルモンが乱れると貧血症状が起こりやすいので、

鉄分は日頃から十分に補給しておきたい成分です。

 

⑩りんご

りんごに含まれるセルロースという不溶性の食物繊維は、

腸内で水分を保持して 、便のかさを増やして便秘の改善を促進します。

 

日常的な食べ物でも女性ホルモンを整えることはできますので、ぜひ食生活に取り入れてみてください。

 

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る


美と健康サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ