- 言葉で人と企業を結ぶ -

アットホームな会社」の真実を暴く!
なたはどう思いますか?

 

求人記事でよく見かける「アットホームな…」というキャッチフレーズ。

たぶん一般的には、「みんな仲良く、和気あいあいと」という感覚で言われていて、

特に人数の少ない会社では、“良いイメージ”としてアピールする場合に使われることが

多いのではないでしょうか。

 

私は、アットホームと言う馴れ合いでプライベートを深く詮索・過干渉するというところが

物凄く嫌いで、人のプライベートに土足で平気で入って来るのが許せません。

会社は仕事をする所ですし、仕事とプライベートはしっかり分けたい性質なので…。

 

でも、私の肌には合いませんが、アットホームなノリで一定収入を得るために

ゆるい雰囲気で仕事をしていくというのも「有りだ」という方もいらっしゃると思います。

 

みなさんは「アットホームな…」と謳っている会社をどう思いますか?


ットホームな職場の“メリット・デメリット”

<メリット>

●気に入られればとても働きやすい職場

●仕事で困ったときなど、誰かに聞けばすぐに助けてくれる

●会話がしやすい

●社長などにもジョーダンが言え仲が良い

●少々の失敗もみんなで力を合わせてカバー

●上下関係が厳しくなく肩がこらない

●リラックスした状態で仕事ができる

 

<デメリット>

▼気に入られないと辞めざるを得ない職場

▼仲がよすぎるので時々疲れる

▼会話がしやすい故にイザコザも

▼残業もちょっとだけ頼むよ~って言われ、する羽目になる

▼小規模なので昇給が難しい

▼全体的に大雑把

▼仕事終わりの飲み会や遊びが頻繁にある

 

など、まだまだ沢山ありますが、周りに何と言われようが

自分にあった「アットホーム」に出会うことができれば最高ですよね♪


ずは、自分を知ること!

「アットホームな雰囲気=ブラック企業」と表現している記事をネットでよく見かけます。

しかし、アットホームな雰囲気がとても居心地がよく、

10年以上勤めている人がほとんどだという会社もあります。

 

つまりは、感覚の差というか好みの違いで、人によって合う合わないがあるということ。

関係が気安くて、病気のときなどに家族のように助けてくれるのを良いと感じるか、

プライベートにまでどんどん踏み込んでくるようで嫌と感じるのか。

 

ですから、まずは自分のことをよく知ることが重要です。

「何を望んでいるのか」

「仕事において重点をどこにおくのか」

「どんな働き方をしたいのか」

それらをふまえ、自身の目でしっかり就業先を選びましょう!

 

 

関連キーワードはこちら


アットホームの意味サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ