- 言葉で人と企業を結ぶ -

定Getの鍵は面接にあり!
ずは、面接について知ろう

企業は適切な人材を採用するために面接を重視しています。

そのため、就活時にはさまざまな面接方法があることを

念頭におき、それぞれの種類に合った方法で準備する必要

があります。

 

では、面接にはどういった方法があって、

どうんな特長があるのか、いくつかご紹介しましょう。

 

■個人面接

個人面接は一対一という事は少なく、応募者1人に面接官が

数名つきます。最終面接では集団で行われることは少なく、

個人面接がメインになります。全て自分一人の時間として

使えるので、上手に自己アピールして行きましょう。

 

■集団面接

集団面接は、複数の応募者と共に面接を受け、一人ひとり

順番に質問に答えていったり、1つの課題に一緒に取り組む

などの特長があります。協調性を大切にしながらも、自分の

良さをアピールしていくことが重要です。


だまだある「珍しい面接法」

■ロールプレイング面接

役割演技法と呼ばれ、役割を告げてそれを演じてもらいます。

問題を設定して、そこでのやり取りを評価しようというのが

目的で、状況への対応、意欲や達成力、粘り強さを見ます。

あきらめずに熱意をもって取り組みましょう。

 

■コンピテンシー面接

優秀な人が持つ共通の行動パターンを人材育成に活用する

もので、過去の成功体験などを話してもらい、その人の持つ

潜在能力を見出します。

主に、人物本位で選考する場合に行うことが多いです。

 

■プレゼンテーション面接

事前や当日に課題を与え、所定時間内に説明を行うもの。

自分の専門分野や過去の経験、または将来的なことを

分かりやすく説明します。

 

■ディベート面接

ディベートは討論ゲームと言われています。

設定されたテーマについて、賛成・反対の立場に分かれ、

自分たちの立場を主張して相手を論破していきます。

情報収集・分析、説明・説得、状況対応力、リーダーシップの

能力を見るために行われます。

 

■インシデントプロセス面接

おおまかな状況が説明され、質問を通じて全貌を作り上げると

言うもので、状況対応力、状況推理、意思決定力、判断力を

試すために実施します。

新卒採用で用いられることは極わずかで、

中堅から管理職採用試験などで主に行われています。

 

■心理面接

急に難題をぶつけたり、怒り出したりして、相手の反応を見る

手法です。とくにエリートぶったり、妙に気取っている人に

行われるケースが多く見られます。

また、心理学を学んだ専門の立場から、自筆の書類の筆跡や、

面接においての態度・表情などから質問することもあります。


んどん進化している“面接方

IT技術の発達によって「テレビ電話面接」を行う企業が

増えてきました。

 

そして、最近では、株式会社ブルーエージェンシーが、

いつでもどこでも何度でも、その場でオンライン面接ができる

アルバイト求人アプリ【即ジョブ】をios・Android対応アプリ

としてリリース。

 

日本初のアルバイト採用に特化した、オンライン面接

プラットフォームアプリです。スマホで面接ができるので、

企業と求職者、双方の時間&コストの削減になり、話題に◎

 

また、ただ面接できるだけでなく、充実したプロフィールを

登録しておくだけで、人材を求めている企業からのスカウトが

受けられるのも魅力の一つです!

 

バイト先を探しているなら、一度試してみては如何でしょうか?

 

(即ジョブ ご紹介LP)

http://blue-agency.co.jp/sokujob/

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 


新しい面接方法サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ