- 言葉で人と企業を結ぶ -

ありがとう』についてイロイロ学ぼう!
ありがとう」とは

「ありがとう」は、感謝を表す時に用いられます。

語源は『めったにない、めずらしい』を意味する

「有り難し」という言葉。

この、有難しの連用形「有り難く」がウ音便化し、

「ありがとう」になったと言われています。

 

また“仏教語”であったとも言われ、

出典は最古の経典とされている『法句経』の、

「人の生を受くるは難く、やがて死すべきものの、

生命あるも有難し」とも言われています。

 

これをわかりやすく表現すると、

「人が生まれるということは驚きと感動を覚える

ぐらい難しいことで、いずれ寿命は尽きることに

なるが、生きて今ここに居ることは有難いこと」

 

生命の驚きと感動を伝える言葉が、時代と共に

感謝を表す言葉になったのです。

 

「ありがとう」は、言われる方はもちろん、

言う方にとっても気持ちの良い言葉です。

恥ずかしがらずに、積極的に伝えていきましょう!


ありがとう」の反対語とは

「ありがとう」を漢字で書くと「有難う」で

「有難し」という意味。

また「有難し」は「滅多にない」や「珍しく貴重」

という意味があると上記でご紹介しました。

 

では「ありがとう」の反対語は何でしょうか?

 

その答えは、『あたりまえ』。

 

ご飯を食べることや暖かい布団に入って寝ること、

家族がいること、自分が今生きていることなど、

あなたはたくさんのことを『あたりまえ』のこと

として、感謝することなく過ごしていませんか?

 

幸せの中に居ながら「ありがとう」ではなく、

『あたりまえ』としか受け取ることができない

自分に早く気づき、自分の周りにあるたくさんの

“あたりまえでないこと”に感謝の思いを持ち、

1日1日を大切に過ごしていきましょう。

 

「ありがとう」って言える日々は奇跡なのだから。


ジティブ心理学とは

近年注目を集めている「ポジティブ心理学」を

ご存知ですか?

 

「ポジティブ心理学」は、ハーバード大学全学生の

2割にあたる約1,400人の学生が殺到したという

講義で、講師はハーバード大学で哲学と心理学を

学び、組織行動学で博士号を取得し、心理学博士の

肩書を持つ『シャハー氏』。

「幸せ」研究の第一人者ともいわれています。

 

ポジテイブ心理学の研究によって、

感謝の気持ちを大切にすることにより、ストレスも

解消され、人間関係も良くなり、仕事や勉強など

にも良い影響があるということがわかりました。

 

私がシャハー氏の言葉で特に惹かれたのは、

イギリスの元首相、ウィンストン・チャーチルの

『悲観論者はあらゆるチャンスに困難を見いだす

楽観論者はあらゆる困難にチャンスを見いだす』

の言葉を引用し語った、

 

「幸福というものは人生における客観的な出来事で

決まるのではなく、出来事をどのように解釈する

のかという主観的な心の働きによって決まる」

というフレーズ。

 

感謝の気持ちを大切にし、ポジティブな気持ちで

毎日を送ることが大切なのですね。

 

関連キーワードはこちら
人の役に立つ仕事


「ありがとう」が嬉しいサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ