- 言葉で人と企業を結ぶ -

き門。けれど努力次第で道は開ける
動車のパーツを開発する仕事

車好きだったら、自分で車を開発してみたい!

と憧れる方も多いのではないでしょうか?

 

そんな方にピッタリの職業が「車両開発エンジニア」

 

自動車に使用するパーツを開発する仕事で、

強度や重量、大きさ、性能など、実験とデータ分析を行い、

理想の車両に近づけるよう試行錯誤を繰り返します。

 

各パーツごとの開発・設計になりますので、

車を1台まるごと開発できるということではなく、

想像しているよりは、華やかな所が少ない仕事といえるでしょう。

 


両開発エンジニアになるには?

まず、知っておいていただきたのが、

車両エンジニアへの道は非常に狭き門だということ。

 

大手メーカーに就職するだけでも大変ですが、

たとえ就職できたとしても、

開発に関する部署に配属される人材はほんの一握り。

 

また、大学それも一流の大学卒業卒が一般的です。

工学部の機械科、電気電子科、精密機械工学科などを専攻、

出来たら自動車などの開発に関する研究所がある大学が望ましいでしょう。

 

自動車の専門学校などもありますが、

就職できたとしても、整備士などの職に就くことが多く、

開発関係に進むことは難しいようです。

 

ですので、車両エンジニアになりたい中・高校生は

とにかく勉強すること!

 

苦手な教科を克服して、あらゆる知識を吸収していきましょう。

 

 


手メーカー以外で開発エンジニアを目指す

では、一流大学を卒業した人しか、開発エンジニアになれないのかと言えば、

そんなこともありません。

 

自動車部品を専門に開発している企業もありますので、

その企業に新卒または中途で入社することでも、

開発エンジニアへの道は開けます。

 

ただし、やはり理工系の大学または高専卒条件のところがほとんど。

目指すにはそれなりの勉強の下積みは必要です。

 

でも、あなたが本当に開発エンジニアになりたいのなら、

勉強もその職に就くためのひとつの過程として大切なこと。

 

一流大学を卒業して、晴れて開発に関する部署に配属になった方も、

スグに即戦力として活躍できるわけではありません。

入社してからも、皆学びながら、プロへと成長していくのです。

 

入社してから学ぶにしても、基礎の知識があるとないとでは、

理解の深さも違ってくるでしょう。

勉強しておくことは、あなたが一流のエンジニアになるための

不可欠な要素なのです。

 

あなたの熱意が確かで、しっかりとした学ぶ意欲があれば、

きっと憧れの開発エンジニアになれるはず。

 

諦めずチャレンジして、子どもの頃からの夢を叶えてみませんか?

 

 

 

関連キーワードはこちら


男子の憧れ!車両開発エンジニアサイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ