- 言葉で人と企業を結ぶ -

リット・デメリットを知って賢く働こう!
替勤務が必要な業種や職種は?

 

1日の内の勤務が2交替制になっている勤務形態。

労働時間の区切りはそれぞれの職場によって違いますが、

例えば午前7時~午後3時・午後3時~午後11時の交替制などがあります。

 

その他待機を伴う業務・早朝から深夜までの業務・年中無休で継続する業務

なども含めて交替勤務という総称になります。

 

ちなみに日勤・準夜勤・深夜勤の3交替制の勤務形態もあります。

 

交替勤務を取り入れている業務や業種にはどのような職種があるでしょう。

一般的なものを上げると下記のような職種があります。

 

【民間】

・製造業

・救急指定病院

・外食産業

・鉄道やバス・タクシーなどの交通機関

・物流機関

・年中無休で営業するサービス業

・放送局

・システム運用

 

【公務員】

・警察官

・消防士

・航空管制


交替のメリット・デメリット

【工場系】

★メリット

・マニュアルをきちんと守れば作業は出来る。

・平日に休みがあるので、どこに行ってもすいている。

・交代手当、深夜手当・補勤残業手当など給与待遇はよい。

 

▲デメリット

・単純作業が多く、個人能力は発揮しにくい。

・勤務が変調なため人間本来のリズムに合わず健康面を崩す事画多い。

・一般人同様の休日、また、長期休暇が取りにくい。

 

【看護系】

★ メリット

・通勤回数が少なくなる。

・休日が多く感じる。

・生活リズムを作りやすい。

・夜勤時の拘束時間は長いが、その分、1回あたりの夜勤手当が高い。

・途中に休憩が1.5時間~2時間程取れるので、忙しくなければ仮眠もとれる。

・出勤時・退勤時はどちらも日中で明るい。

 

▲ デメリット

・夜勤時の勤務時間が長い。

・夜勤のスタッフ数が少ない現場は、しっかり休憩を取りにくいため疲労度が高くなる。

・勤務終盤になると集中力に欠け、ミスを起こすリスクが高まる。


替勤務でも快眠で能率アップを目指そう!

厚生労働省の調査によると、交替勤務者は労働者全体の16.8%

日勤者に比べ、昼夜のリズムがずれているため体にも様々な症状が出やすくなります。

 

スウェーデンで1,100人の交替勤務者を対象に行われた調査によると、

寝つきが悪く、夜中に目覚め一度目覚めると再び寝入ることができないと訴える人が日勤者の6倍もいました。

 

平均睡眠時間も4.3時間と日勤者の睡眠時間の57%しかありませんでした。

 

体内時計が狂ってしまうことにより勤務時間帯には時差ぼけ状態に陥ってしまう人もいます。

 

太陽の動きを合わせた生活をしてきている人間がこれを無理に変えようとすれば、

体のどこかに無理が生じしてしまうのは当然です。

 

そこで夜勤に備えてグッスリ眠れる秘策をいくつか紹介します。

 

★夜勤の開始日には、午後5時までに90分くらいの昼寝をする。

★目覚めたら、コーヒーや緑茶などでカフェインをとり、昼寝の後の眠気を減らす。

★夜勤中の職場は十分に明るくしておき、仕事が終わったらサングラスなどで強い光を避けながら、家に帰る。

★自宅でも遮光カーテンや厚手のカーテンで部屋を暗くして、午前中に3~4時間眠る。

★翌日が日勤の場合は、夜の睡眠に悪影響を及ぼさないために、午後2時には起る。

 

まずは自分にあった快眠法を見つけ睡眠障害に陥らないよう努力や工夫をしてみましょう!

 

関連キーワードはこちら

…もっと見る

 

 

 

 


2交替サイトに関連する求人情報に興味のある方はこちらから関連企業一 覧もご覧下さい。
Indeedの求人

このページのトップへ